お気に入りの時計を大切にずっと使い続けるために

時計の基礎知識

キレイに保つことから始める

每日身につけるうえに肌に近い腕時計だからこそ、每日のメンテナンスが大切になります。メンテナンスをきちんと行うことは、時計の見た目をより美しくして、価値をあげることにつながるのです。

日頃のメンテナンス方法

腕時計

日々のメンテナンスが大事

腕時計でよく使われるステンレススチールですが、全くサビないという意味ではありません。汚れが蓄積して表面のサビを防ぐ膜が壊れてしまえば、サビる原因につながります。それを防ぐためにも日々、セーム革製のクロスなどで、表面を丁寧に拭いて汚れを落とすことが重要です。

歯ブラシが調度いい

腕時計の細かい部分なども汚れが溜まってしまいやすいものです。そういった細かいよころを落とすのに役立つのが、歯ブラシです。毛の柔らかい歯ブラシをつかえば、ケースを傷つけずに汚れが落とせます。専用ブラシがなくても代用出来るので便利です。

汚れを的確に狙う

万能な歯ブラシでも落とせなかったさらに頑固な汚れを落とすなら、つまようじがオススメです。木の素材は意外と思われるかもしれませんが、傷つきにくいです。ブラシよりも使いやすいので掃除も楽です。

専用クリーニングで落とす

腕時計ほど肌に密着しているので、脂や汗などの影響でケース裏が汚れやすいです。そういった汚れや黒ずみには、金属汚れ用クリーニング液で落とせます。ブレス裏に一吹きして少し時間を置き布で拭き取ります。裏蓋やケースの接合部に直接かからないように注意が必要になります。

レザーストラップの手入れ

フランクミュラーなどでよくあるメタルブレスだけでなく、腕時計はレザーストラップも人気が高く愛用されている方は多いですよね。レザーのお手入れは水分で傷みやすいので、お手入れは拭き取りだけで充分です。